一般皮膚科|わかやま電鉄貴志川線日前宮駅・皮膚科|みきた皮ふ科

〒640-8322 和歌山県和歌山市秋月275-1
073-471-4112
ヘッダー画像

皮膚科

一般皮膚科|わかやま電鉄貴志川線日前宮駅・皮膚科|みきた皮ふ科

一般皮膚科

湿疹から慢性・難治性の疾患まで、あらゆる皮膚の病気に対する保険診療です。
頭から足先、皮膚だけでなく髪や爪の病気にも対応いたします。また、必要に応じて血液検査、皮膚生検(皮膚の一部を採取することで診断をより確実なものにする検査)など詳しい検査も行います。

お肌のお悩み

  • かぶれ
  • 湿疹
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎
  • ほくろ
  • いぼ
  • たこ・魚の目
  • 粉瘤
  • 水虫
  • 癜風(でんぷう)
  • ヘルペス
  • 帯状疱疹・水痘
  • ニキビ
  • 脂漏性皮膚炎
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 尋常性白斑症(じんじょうせいはくはんしょう)
  • 火傷(やけど)
  • ケロイド

その他

肝斑、AGA

かぶれ

「毛染めをしたら痒くなりました」「原因はわからないけど湿疹がくりかえしできます」皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。
アレルギー性接触皮膚炎は、化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など、身のまわりにある無数のものが原因になりえます。
原因を特定する場合は、「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。
原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

湿疹

原因は、自己免疫や食べ物アレルギー、ダニ、ハウスダスト、薬疹、ウイルスなどがありますが、中には原因がはっきりしないものもあります。
湿疹・かぶれなどはかゆみを伴うことが多く、辛いものです。
患部を掻いてしまうことによってとびひになってしまうこともあります。
治療は、かゆみや炎症を抑える外用薬や内服薬を使用します。

蕁麻疹(じんましん)

赤く盛り上がった発疹が出て、数時間で引きます。かゆみの強い、蚊に刺されたような盛り上がった発疹が数時間~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患をじんましんと言います。
じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々で、検査としては血液検査IgE RAST法、一般血液検査等を行います。
しかし、慢性じんましんでは原因が特定できないことが少なくありません。治療は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使用します。

アトピー性皮膚炎

乾燥した湿疹がくりかえしできます。アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。
小児で発症することが多いですが、成人で発症する場合もあります。
喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。
スキンケアが欠かせないものとなりますので、定期的な皮膚科への通院が必要となります。

いぼ

手や足にブツブツができてだんだん増えていきます。いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染により生じます。
ウイルス感染ですので、放置すると感染して増えて、家族内などでも感染することもあります。
治療は、液体窒素療法、内服療法、外用療法、炭酸ガスレーザーなどを行います。
いぼの治療は1回で完治することはなく、複数回の治療が必要となることがありますので、根気よく治療をする必要があります。

たこ・魚の目

たこや魚の目は、足の決まった場所が慢性的に刺激を受けて発症します。
治療は厚くなった角質を削りとります。再発予防のために外用治療も行います。
また、たこ・魚の目の様に見えて、実はウイルス感染によるいぼ(尋常性疣贅)だったということがお子様によくみられます。

水虫

「足の指の間がふやけてかゆいです」「かかとがガサガサでひび割れができました」「爪が白くもろくなってきました」水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の感染により発症する疾患です。
水虫かどうかの診断は角質または爪の一部を採取し顕微鏡で白癬菌を確認することが必要です。
治療は外用剤、内服薬(爪水虫)が基本となります。

ヘルペス

疲れがたまると唇の縁に細かい水ぶくれができてピリピリしたりします。
単純ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型ウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は高熱と激痛が伴います。
治療は、抗ウイルス剤の内服と外用を行います。
発疹の出る前にチクチクする感じなどの予兆の出ることが多く、その時点で内服を始めると治りが早まります。
しかし、単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経節に潜伏するため、疲労、ストレス、風邪などによって免疫力が下がると再発を繰り返すことがあります。

帯状疱疹

片側の胸から背中にかけて細かい水ぶくれがたくさんできてチクチク痛みます。
みずぼうそう(水痘)のウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)が、過労、他の疾患、手術などにより免疫力の低下により再活性化することによって発症します。
体の片側の一定の神経支配にそって痛みを伴った細かい水ぶくれが帯状に生じます。
診断、治療開始が遅くなるほど、帯状疱疹後疼痛という神経痛が長い間残ってしまうことがあります。
早期に皮膚科を受診して抗ウイルス薬内服や点滴治療を開始することが大切です。
万が一帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合は内服薬によるペインコントロールも必要となります。

ニキビ

ニキビの直接的な原因は、①皮脂の過剰な分泌 ②毛穴の詰まり ③アクネ菌の増殖です。
過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。
この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、アクネ菌は増殖していき、赤く炎症を起こしたニキビとなります。
大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合ってできることが多く、治りにくいのが特徴です。
思春期ニキビは、成長期のホルモンバランスの急激な変化が原因で発症します。
治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、外用薬、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)などの中から選択します。

乾癬

尋常性乾癬とは、境界のはっきりした赤い発疹で、銀白色の麟屑(カサカサした厚いカサブタ状のもの)が付着しています。
かゆみが伴うこともあります。発疹は主に慢性的かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などにできます。皮膚以外にも、爪の変形や関節炎を伴うこともあります。
はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、体質的な要素(遺伝的素因)に気候、ストレス、風邪、喫煙、飲酒、食生活などの外的因子と糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの内的因子が加わって発病すると考えられています。
治療は、塗り薬(ステロイド、活性型ビタミンD3、保湿剤など)、飲み薬(免疫抑制剤、レチノイド)、光線療法が一般的です。

尋常性白斑症

皮膚の一部が脱色されたように白くなってしまう疾患です。
その原因には諸説あり、大きく分けて『自己免疫説』と『神経説』がありますが、詳細は明らかになっておりません。
現在分かっていることは、表皮の基底層や毛母に存在するメラノサイトが破壊されるか、機能が停止することによってメラニンをつくれなくなっていることです。
徐々に白斑が広がることも多く、手のひら、足の裏をのぞき、全身どこにでも発症しえます。
尋常性白斑はうつる病気でもありませんし、白斑があるからと行って健康を害する病気ではありませんが、美容上、社会生活上のストレスの原因となり、気に病む方が多いようです。

やけど

やけどをしたら、流水で30分程度すぐに冷やしましょう。
受診が遅れると、細菌感染が起こったり、あとが残ってしまったりすることがあります。
とくに注意が必要なのは、低温やけどです。
湯たんぽやカイロによるやけどはゆっくりと深い組織まで損傷するので、治るまで何ヶ月もかかったり、手術が必要となったりすることもあります。
症状に応じて軟膏や被覆材を用いた湿潤療法にて治療しています。

手荒れ

手の皮膚表面には皮脂膜という保護膜がありますが、水仕事など、お湯や洗剤をよく使ったり、パソコンや紙、お札などの繰り返す刺激により皮脂が過剰に取れてしまうことがきっかけとなります。
手指の乾燥、赤み、かゆみやかさかさしたり、皮膚がめくれたりします。
亀裂ができたり、小さな水ぶくれがみられることもあります。
症状が進むと指の指紋が消えることもあります。
元来、手の皮膚は厚い角質層(20-30層以上)を持ち、基本的には外力に対して丈夫に出来ています。一方、手は汗腺が多く汗はたくさん出ますが、毛穴がなく皮脂はあまり出ません。そのため一度乾燥するとなかなか皮脂が回復せず、刺激を受けやすい状態になり様々なかぶれや湿疹変化が見られるようになります。同じように仕事をしていても手荒れになりやすい方、なりにくい方がいらっしゃいます。刺激に敏感な体質(バリア機能が弱い)、アトピー性皮膚炎などの敏感肌の方にできる傾向にあります。一般的に冬に悪くなり、夏にはよくなる方が多いです。

乾燥肌

乾燥肌とは

乾燥肌は皮脂欠乏症とも言われ、皮膚の表面の脂が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。
中高年者の手足、特に膝から下によくみられ、皮膚がカサカサしてはがれ落ちたり、ひび割れたりします。
また、かゆみを伴い、掻くと悪化して湿疹になったりします。
空気が乾燥しはじめる秋から冬にかけて症状が出はじめ、真冬になるとひどくなりますが、夏には自然に軽快したり、治ったりしてしまうこともあります。

原因

一般に、皮膚のうるおい(水分量)は皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。
ところが加齢などが原因でこれらの物質が減ってしまうと、皮膚がひどく乾燥し、皮脂欠乏症になってしまいます。
また、外気や室内の乾燥、体を洗いすぎるといった生活習慣なども原因の1つと考えられています。
放っておくとますます症状が悪化しますので、早い時期から治療することが大切です。

治療

治療の基本は保湿剤を塗ることです。夏はさっぱりとして使用感が良いローション、冬は皮膚を保護する効果が高い軟膏やクリームがいいです。
また症状が悪化して湿疹がある場合は、ステロイドの塗り薬で、痒みが強い場合は、抗アレルギー剤の飲み薬なども必要になります。

虫刺され

虫さされとは一般的に、虫によってかゆみや赤み、ときには腫れや痛みを起こした状態をさすことばです。
虫さされは様々な種類の虫によってひき起こされます。蚊やマダニのように吸血のために口吻をさされる場合や、毛虫の毛にさされて起こったりもします。
またハチは相手を攻撃するために毒針をさし、ムカデはさすのではなく正しくはかまれます。
その他には、刺されるわけではありませんが、体についた虫を潰してしまうことによって、虫の体液が皮膚に付着することで皮膚炎を起こすアオバアリガタハネカクシ(いわゆる「やけど虫」)のような虫もいます。
炎症は、すぐに症状が出る「即時型反応」と、2~3日経ってから出る「遅延型反応」がありますが、反応の出方も人それぞれであり、場合によっては30分~1時間ほどでショック症状が起こり命に危険が及ぶこともありますので、たかが虫さされと思わず虫が多い場所などへ行くときは服装などによく気をつけましょう。

あせも

あせもは額、首、ひじやひざの内側、脇の下、背中、おしりなど汗をかきやすく、汗の量が多くなり、汗の通り道である汗管(かんかん)が詰まることで生じる発疹です。
ヒリヒリ感やかゆみを伴い、広がって皮膚一面が赤くなることもあります。気温が高い夏、高熱を出した後などにできます。
乳幼児では体温も高く、動きが活発であり冬でも厚着や暖房により1年中、あせもが生じやすい状況です。
赤ちゃんは大人と比べると汗を分泌する汗腺(かんせん)の密度が高い上に、首などに深いしわがあるため、汗管が詰まりやすい状態になっています。
通気性の悪い服を着ていたり、高温多湿の環境にいたりすると、簡単にあせもになってしまいます。

皮膚腫瘍

皮膚軟部腫瘍は形成外科でも非常に良く扱う疾患で、ほくろやアザ、いぼといった様に皮膚表面に変化を生じるものから、「皮膚のできもの」や「脂肪のかたまり」と言われる様な皮膚の下に出来た固まりで皮膚が盛り上がっているものまであります。
原因となる細胞には実に様々なものがあり、中には悪性のものも存在します。
悪性のものの中で皮膚の表面から出来たものは癌、脂肪や筋肉といった中の組織から出来たものは肉腫と言われます。

ほくろ

「ほくろ」のことを医学用語では「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」と言います。
ほくろは、メラニン色素を産生するメラニン細胞が変化した「母斑細胞(ぼはんさいぼう)」の増殖による皮膚良性腫瘍の一種です。
一言で「ほくろ」といっても、いろいろなタイプのものが存在します。
また、ほくろと似た症状を呈する悪性腫瘍も存在しますので、そのような病気を見落とさないことが大切です。

拳蹠膿疱症

「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」とは、手のひら[手掌(しゅしょう)]や足のうら[足蹠(そくせき)]に、水ぶくれ[水疱(すいほう)]やうみ[膿疱(のうほう)]がくり返しできる病気です。膿疱の中に菌は入っていないため、人に感染することはありません。
膿疱の中には細菌やウイルスなどの病原体は入っていないため[無菌性膿疱(むきんせいのうほう)]、直接触れても人に感染することはありません。

巻き爪

「陥入爪」とは、爪の先端または側面が、爪周囲の皮膚にくい込んだ状態です。(特に爪の彎曲が強い状態を「巻き爪」とも言います)
陥入爪が悪化すると、炎症や感染を併発して、赤く腫れて強い痛みを生じます。

円形脱毛症

毛髪が抜ける病気ですが、年齢は幼児から高齢者まで、症状は軽症から重症まで、広い幅があります。
円形に1ヶ所抜けた場合は単発性通常型、脱毛斑(はん)が複数できると多発性通常型、頭部全体に及ぶと全頭型、眉毛·睫毛·体毛まで抜けると全身型または汎発型になります。
また、側頭から後頭部の生え際が帯状に脱毛する蛇行型もあります。文字通り頭髪が丸く抜ける病気ですが、頭髪ばかりではなく、眉毛や睫毛、髭や体毛にも生じることがあります。
頭部に1か所だけ脱毛が生じた場合には、円く抜けた形になります。
しかし、多発してそれぞれの脱毛斑がつながった場合や、頭部全体、頭部以外の部位の毛髪も抜けた場合には脱毛の形は円形ではなくなります。

PAGE TOP